【初心者向け】Facebook広告とは?初心者向けに分かりやすく解説

こんにちは。コウジ(@koji596)です。

 

Facebook広告について、初心者向けに分かりやすく解説します。

料金体系や特徴などをしっかり解説するので、Facebook広告の興味がある人は最後までご覧ください。

 

Facebook広告の概要

「Facebook広告」と言いつつ、実はFacebookInstagramMessengerAudience Networkとう4つの媒体から広告配信が可能です。

 

次の2つの料金形態があります。

  • CPM:広告が表示されるごとに課金する形態
  • CPC:クリックされるごとに課金する形態

 

Facebook広告の強み

続いてFacebook広告の強みを説明します。

 

ターゲティング精度が高い

Facebook広告の一番の特徴は、実名登録のためターゲティング精度が高いことです。

年齢・性別から趣味嗜好まで精度高くターゲティングすることが可能です。

 

柔軟に活用できる

多くのユーザーが1日に複数回サービスを利用するため、幅広い方法で広告に活用できます。

例えばニーズが低い潜在層への認知から、ニーズが顕在化している層へのピンポイントなアプローチなど、柔軟に設定できます。

 

広告フォーマットが豊富

広告掲載先ごとに動画や画像など、豊富なフォーマットで広告掲載が可能です。

そのため、広告商材に併せて最適なフォーマットで掲載することが出来ます。

 

広告設定の手順

続いて、具体的な広告設定の手順を解説します。

以下の3ステップで行います。

 

STEP1:キャンペーン

キャンペーンを設定します。

Facebook広告の最終ゴール(成約率を上げたい・認知度を上げたい等)の検討をすることが、キャンペーンの設定です。

 

以下のような種類があり、目的に合わせたキャンペーンを選択します。

キャンペーン種類 詳細
リーチ 多くの人への広告配信
ブランド認知度アップ 認知される見込みが高い人への広告配信
トラフィック リンク先へ顧客の誘導
動画の再生数アップ 動画広告の表示
リード獲得 見込み顧客を獲得する広告を配信
メッセージ メッセンジャーでアクション可能な広告を配信
コンバージョン アクションを実行する見込みが高い人への広告配信
カタログからの販売 カタログアイテムを含む広告配信
来店数の増加 実店舗への来店見込みが高い人への広告配信
エンゲージメント 「いいね」などのアクションを増やす

 

 

広告セット

「予算・掲載期間・ターゲット選定」など、広告運用の詳細を設定します。

ターゲットに関して、Facebook広告では大きく以下の3つの方法でターゲティングが可能です。

ターゲティング 詳細
コアオーディエンス 年齢・性別・興味・関心などでターゲットを特定して広告配信
カスタムオーディエンス 自社が所有するデータ(メールアドレスなど)を基に広告を配信
類似オーディエンス カスタムオーディエンスでターゲティングしたユーザーと似た属性のユーザーに広告配信

 

広告

最後にクリエイティブ(バナー画像・動画・テキストなど広告に必要な素材)を設定します。

特にバナー画像は印象を操作する重要な部分であるため、ココナラなどのクライドソーシングサイトで、デザイナーに依頼することをオススメします。

 

広告出稿場所の設定

Facebook広告を出稿する場所は、以下画像のように媒体によって多岐に渡ります。

Facebook for Business公式サイトより引用

 

この出稿場所の豊富さはメリットでもありますが、初心者にとってはどこに出稿するか悩んでしまいます。

そこで、最初は「自動配置」によって広告を掲載しましょう。

コウジ
Facebook広告の掲載方法は次の2種類です。
  • 自動配置
  • 手動配置

 

自動配置で広告を出稿し、クリック率などを分析しながら適宜手動配置にきりかえていけばOKです。

 

まとめ

Facebook広告について解説しました。

ターゲティング精度の高さや柔軟性を活かし、多くの場面で活用できるため、特徴や概略をしっかり理解しておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京理科大学▷日経企業▷外資系コンサルティングファームという変わったキャリアを進んでます。現在はコンサルタントとして働きながら、プログラミング等で月5万円の副収入を達成し、独立目指して奮闘中です。キャリアに関連する情報を発信しています。