【注意点アリ】Web制作の営業方法を紹介。初心者が5万円の案件を獲得した経験談

こんにちは。コウジ(@koji596)です。

 

本日はWeb制作で案件を獲るための営業法を解説します。

 

Web制作で一番大切なことは営業です。

勉強を始めて23日で案件を獲得されたゆうやさんも、このようなツイートをしています。

 

コウジ
僕も正しく営業を行ったおかげで、初心者ですが5万円の案件を獲得しました。

 

本日はWeb制作で案件を獲るための方法と、営業のコツを説明します。

案件獲得に大きく近づくので、是非最後まで読んで下さい!

 

案件を獲得する方法

Web制作で案件を獲得する方法はいくつかあります。

 

  • 知り合いからの紹介
  • SNS経由での受注
  • 直営業
  • クラウドソーシングサイト
  • Web制作会社への営業

 

簡単に見ていきましょう。

 

知り合いからの紹介

案件獲得のしやすさ
1
案件の難易度  
3
単価  
5
オススメ度  
5

 

周りにWebサイトを作りたがっている人がいれば、その人から仕事を貰うことがオススメです。

知人なので、納期や価格に融通が利きやすく、安心して案件をこなせます。

 

ただし、Webサイトを作りたがっている知り合いが都合よくいる可能性は低く、あまり現実的ではありません。

 

SNS経由での受注

案件獲得のしやすさ  
1
案件の難易度  
3
単価  
3
オススメ度  
5

 

SNSやブログで情報発信をしている人は、サイト経由で案件を受注できる可能性があります。

ただし、ある程度の実績が無いと問い合わせが発生することは無く、初心者には現実的ではありません。

 

直営業

案件獲得のしやすさ  
2
案件の難易度  
1
単価  
5
オススメ度  
2

 

地元の企業などに直接営業をかけて、案件を獲得する方法もあります。

数を打てば案件成約につながる可能性はありますし、対企業との直接やりとりなので、単価は期待できます。

 

ただし、「企画・要件定義・サイト設計・デザイン・コーディング・保守」と、一気通貫でのスキルが必要になります。

 

初心者にはハードルが高く、ある程度経験を積んだ人にオススメです。

 

クラウドソーシングサイト

案件獲得のしやすさ  
5
案件の難易度  
3
単価  
1
オススメ度  
4

 

ここからが、初心者にとって現実出来な案件獲得方法です。

初心者にとって最も定番な案件獲得方法は、クラウドワークスココナラといったクラウドソーシングサイトです。

 

コウジ
僕も最初はココナラで案件を獲得しました。

ただし、仲介手数料が高く、また価格競争により単価が下がっているため、低単価での受注になりやすいです。

実績作りのための利用にとどめておきましょう。

 

Web制作会社への営業

案件獲得のしやすさ  
4
案件の難易度  
3
単価  
3
オススメ度  
4

 

Web制作会社への営業も現実的です。

仲介手数料はかからず、またスキルが認められれば継続案件につながりやすいので、安定した収入が見込めます。

 

ただし、制作会社からの下請け業務なので、一定の範囲内の業務しか経験できません。

また、ある意味メリットでもありますが、アウトプットに対しての基準が厳しいので、覚悟しておいてください。

コウジ
僕はおかげで実力が着いたので、逆に感謝しています!

 

案件を獲得するための考え方

続いて、案件を獲得するための大切な考え方を説明します。

 

大切な事は「クライアントに信頼して貰う」ことです。

クライアントは大金を支払う以上、当然ですが以下のような不安が付きまといます。

 

  • 本当にWebサイトが完成するか
  • 思った通りのサイトを作ってくれるか
  • コミュニケーションがきちんと取れるか
  • トラブルにならないか

 

営業ではその不安を拭い取り、信頼して貰います。一番大切なマインドなので、頭に叩き込んで下さい。

 

案件を獲得する具体的なコツ

抽象度を少し下げて、初心者が案件を獲得する具体的なポイントをお話しします。

案件獲得には以下の3つが大切です。

 

  • ポートフォリオサイト
  • 営業文
  • 営業件数

 

1つずつ見ていきましょう。

 

ポートフォリオサイト

案件を獲得するには、ポートフォリオサイトが必ず必要です。

ポートフォリオとは自分のサイト制作実績や提供サービスの紹介するページのことです。

 

「本当にWebサイトが完成するか」というクライアントの不安を払拭するために使用します。

 

コウジ
クオリティは求めすぎなくてOKです。以下に示す最低限をクリアしていれば案件は取れます。

 

  • レスポンシブ対応している
  • コーディングのエラーが無い
  • 余白が統一されている
  • サイトに動きが実装されている

 

営業文

案件獲得のためには、営業文も大切です。

初案件で不安でかもしれませんが、ネガティブな事は一切言わず、クライアントを安心させましょう。

 

コウジ
以下の文言は絶対に使用してはダメです。

 

  • 初心者ですが
  • 案件をこなせるか不安ですが
  • 本業が忙しいですが

 

ヒアリングを通して自分の実力でこなせないと判断したら、案件を受託せず断ればOKです。

提案自体はリスクフリーなので、強気で行いましょう。

 

また、当然ですが、社会人として適切な言葉遣い・アイコン写真の設定・テンプレ感の無い営業文は、信頼獲得に必須です。

 

営業件数

初心者は最初の案件を獲得するのは大変です。100件程度の営業は当たり前です。

10件20件程度で諦めるのは勿体ないです。

 

1回でも案件を獲得出来れば、実績が出来るので今後の案件は獲得しやすくなります。

大変なのは最初だけなので、何とか食らいつきましょう。

 

まとめ

本日は案件獲得のための営業方法について解説しました。

最初の案件獲得は確かに大変ですが、一度獲得して完遂すれば、スキルも実績も身につくので、良い方向に巡回していきます。

絶対にあきらめず、営業を続けて下さい。応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京理科大学▷日経企業▷外資系コンサルティングファームという変わったキャリアを進んでます。現在はコンサルタントとして働きながら、プログラミング等で月5万円の副収入を達成し、独立目指して奮闘中です。キャリアに関連する情報を発信しています。