【保存版】朝絶対に二度寝しなくなる方法

こんにちは。コウジ(@koji596)です。

 

二度寝って生産性皆無ですよね。

昔はめちゃくちゃ二度寝していたのですが、今は二度寝を防ぐ方法を実践して改善されています。

 

色んな情報をかき集めた完全二度寝防止マニュアルなので、ぜひ最後まで読んで下さい。

 

二度寝の悪影響

二度寝の悪影響は次の3つです。

  • 睡眠習慣の乱れ
  • 時間の浪費
  • ストレス

 

1つずつ見ていきましょう。

 

睡眠習慣の乱れ

二度寝を繰返すことでレム睡眠とノンレム睡眠のバランスが乱れ、睡眠習慣の乱れにつながるようです。

その結果、翌日の睡眠の質まで低下し、さらに二度寝してしまうという悪循環に陥ります。

 

時間の浪費

二度寝は完全に時間の無駄です。

 

確かに、5分だけの二度寝は「コルチゾール」や「エンドルフィン」が分泌され健康に良いと提唱する研究者もいるのです。

しかし、2回以上の二度寝が健康的と言っている研究者はいないので、2回以上の二度寝は完全な時間の浪費と言えます。

 

人によっては朝30分~1時間以上浪費している人もいると思います。

 

ストレス

二度寝をすると、自分が想定していた時間に起きられず、自己嫌悪に陥ります。

自己嫌悪はストレスの基なので、二度寝によりストレスも溜まってしまいます。

 

二度寝を防ぐ方法(アラーム編)

二度寝を防ぐ具体的な方法を説明していきます。

まずは効果的なアラームを紹介します。

 

コウジ
僕はレム睡眠で起きるのが一番効果的でした。

 

レム睡眠で起きる

睡眠には、深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」があります。

眠りが浅い「レム睡眠」のタイミングでアラームが鳴ることで、すっきりと目覚め、二度寝を防いでくれます。

オススメは無料で使える「Sleep Cycle」というアプリです。

 

光で起きる

レム睡眠アラームでも起きられない方は、光で起きる目覚ましがオススメです。

光を浴びると、眠気を誘発するメラトニンを抑えることが出来るので、無理なく起床できます。


自動でカーテンを開ける商品もあるので、ベッドから窓が近い人は、こちらを使っても良いですね。

 

行動で起きる

ここまでのアラームでも二度寝する人は、最後の手段として、行動で起きるアラームを使ってはいかがでしょうか?

飛んでいくプロペラを捕まえたり、マットを踏まないとアラームが止まらないなど、ユニークな目覚ましが販売されています。

 



 

ただし、僕はどちらも使っていないので、買う際はレビューや評判を調べて購入して下さい。

 

二度寝を防ぐ方法(行動編)

続いては起きた後の行動です。

目を覚ましたら、そのまま適切な行動をすることで二度寝を防げます。

 

水を飲む

水を飲むと、血流が良くなったり、自律神経バランスが整って目が覚めます。

水を枕元に置いておけばすぐに実践できるので、効果的です。

 

光を浴びる

やはり、目覚めは太陽光が一番です。

太陽光はメラトニンを抜群に抑えてくれるので、カーテンさえ開けてしまえばこっちの勝ちです。

 

二度寝を防ぐ方法(睡眠編)

最後に睡眠の質を高めましょう。

これまでは対処療法であり、二度寝を根本から解決するには、睡眠を改善させるしかありません。

 

ブルーライトを浴びない

寝る前1時間前には、スマホやPCのブルーライトは絶対に浴びないようにしましょう。

ブルーライトもメラトニンの生成を抑制するので、眠気が誘発されず、質の低い睡眠になってしまいます。

 

また、ブルーライトはLEDにも入っているので、睡眠2時間くらい前から部屋の照明を間接照明に切り替えるなどして、ブルーライトを対策しましょう。

 

入浴は睡眠90分前に

入浴には以下のメリットがあります。

  • 副交感神経が優位になる
  • 体内温度が変化する

 

どちらも睡眠の質が上がる現象なので、適切な時間に入浴すると睡眠に効果的です。

睡眠90分前に、40度のお風呂に15分程度浸かるようにしましょう。

 

早く寝る

当たり前の話で恐縮ですが、二度寝を防ぐには充分な睡眠が必要です。

7~8時間は睡眠を取れるように意識しましょう。

 

まとめ

本日は二度寝を防ぐ方法を説明しました。

二度寝はデメリットしかない、時間の浪費です。

僕が実際に効果的だったアクションをまとめたので、この記事に書いたことを実践して二度寝を防ぎましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京理科大学▷日経企業▷外資系コンサルティングファームという変わったキャリアを進んでます。現在はコンサルタントとして働きながら、プログラミング等で月5万円の副収入を達成し、独立目指して奮闘中です。キャリアに関連する情報を発信しています。