【初心者向け】ステップメールの作り方を解説

こんにちは。コウジ(@koji596)です。

 

本日はステップメールの作り方を解説します。

ステップメールは商品販売に直結する重要なマーケティング手法なので、しっかりと理解しましょう。

 

ステップメールとは

ステップメールとは、LINE登録など何かしらのアクションを実施したユーザーに、予め準備したメールをスケジュールに沿って配信することです。

公式LINEやメルマガで配信します。違いは以下の通りです。

Lステップ公式サイトより引用

 

配信の目的は、ユーザーに正しい知識をつけて貰い、商品販売につなげることです。

そのため、配信のストーリー性を作り込み、読者の感情を動かすことが大切です。

 

ステップメール配信の事前準備

まずは事前準備を説明ます。

ステップメールはこの事前準備が非常に大切ですので、しっかり作り込んで下さい。

 

全体の目的を明確化させる

まずは発信の目的とゴール地点を決めます。

「無料カウンセリングの申し込んで欲しい」「スクールに入会して欲しい」「こんサルを依頼して欲しい」など、ユーザーに取ってもらいたい最終目的を定めましょう。

 

ペルソナを具体的に決める

ペルソナを決めます。このとき、年齢や家族構成などのざっくりした人物像で済ませず、ただ1人の人間を作り上げて下さい。

【ペルソナを決める項目例】

年齢・性別・学歴・住居・趣味・家族・職業・役職・習慣・収入・貯金・性格・知識・時間・得意・苦手・不満・理想・交友関係

 

この時にターゲットが抱える悩みや価値観もしっかり作り込んで下さい。

悩みに共感して、価値観をアップデートすることで商品販売に繋がります。

 

教育内容を決定する

続いて教育内容を検討します。

知識が少ない人には商品の良さが伝わらないので、商品を売り込む前に、必要な知識を教育します。

 

例えばWebマーケティングのスクールに入会して貰いたい場合、「Webマーケティングのメリット」を正しく理解してもらわないと、入会させることは出来ませんよね。

 

商品の良さを理解するために必要な知識や価値観」をどのように教育するか、事前に設計しましょう。

 

KPIと目標値を設定する

KPI(目標達成のプロセスを数値指標化したもの)と目標値も事前に定めておきましょう。

具体的には以下の数値です。

  • 開封率:メールが開かれた割合
  • クリック率:メール内のリンクがクリックされた割合
  • 成約率:商品販売につながった割合

 

一定期間内で集計を取り、目標値に達しない場合は都度改善策を検討しましょう。

 

ステップメールの作り方

最後に具体的なステップメールの作り方を紹介します。

 

STEP1:情報開示

最初のメールでは以下の内容を盛り込みます。

  • 自己紹介
  • 無料プレゼント
  • 購読するメリット

 

最初のメールで「今後の配信も読みたい」と思ってもらうことが大切です。

そのために自己紹介や購読のメリットを説明して、しっかりと情報開示していきましょう。

 

STEP2:悩みの共感

2通目ではターゲットの悩みに共感しましょう。

悩みに共感するほど「この人なら解決してくれるかも」と思ってもらいやすいので、ターゲットの悩みを明確化させておきましょう。

 

STEP3:ユーザー教育

ユーザー教育がステップメールの最も大切なポイントです。

商品販売に直結するので、必要に応じて複数配信して下さい。

補足説明
体験談や研究結果など、信頼性の高い第三者のデータを入れるとより効果的です!

 

STEP4:商品説明

ユーザー教育が完了したら、商品説明を行います。以下の点を意識して複数配信して下さい。

  • ターゲットの悩みがどのように解決されるか
  • その商品を使うことによるメリット
  • 他の競合にはない独自の強み
  • 今買いたくなる理由(本日購入で20%OFFなど)

 

もし高額商品を扱っている場合は、フロントエンド商品の説明をしてもOKです。

フロント商品購入者から、さらにバックエンド商品に流入させましょう。

コウジ
フロント/バック商品が分からない人は以下の記事を読んで下さい。

【2021年】自分の商品を販売する手法。知らなきゃ損です

2021年7月4日

 

まとめ

ステップメールの配信方法を紹介しました。

現代はLステップといった、ステップメールを配信する非常に優れたツールもあります。

今後もステップメールの重要性は確実に増していくので、しっかり書き方を身につけておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京理科大学▷日経企業▷外資系コンサルティングファームという変わったキャリアを進んでます。現在はコンサルタントとして働きながら、プログラミング等で月5万円の副収入を達成し、独立目指して奮闘中です。キャリアに関連する情報を発信しています。